人気の婚約指輪とその種類

シンプルなデザインは普段使いできる婚約指輪として人気です。

rainbow

和風デザインの婚約指輪で永遠の愛を誓う

最近は年齢を重ねて結ばれるカップルや、再婚同士のカップルがレストラン挙式やカフェウエディングなどを行うなど、幸せを披露する形、また結婚される年齢にもとらわれることなく、素敵な時代になったと感じます。

年齢を重ねても、婚約指輪を頂くというのはやっぱり女性のあこがれ、夢です。

熟年カップルであっても、再婚同士の結婚でも、これからの人生を最後まで一緒に・・と愛を誓うお式には、カップルらしいリングを用意されてみてはいかがでしょう。

年齢を重ねると、派手な物よりも落ち着いた婚約指輪を・・・と求める方が多く、中でも人気なのは、和風の印象がある婚約指輪です。

和風の印象のリングというのは、例えばハスの花がモチーフになったエンゲージリング、また梅のお花がモチーフのダイヤモンドの横に、小さな梅色の色石が利用されているもの、さらには木目金のアームを利用した日本の伝統技術を駆使した婚約指輪も人気です。

木目金というのは昔刀の鞘などに利用された木目のようなデザインで、日本の伝統技術が作り出した美しい文様です。

この文様は一つずつ手作りされるため、この世に二つと同じものが存在しません。

年齢を重ね、別の人生を歩んできたお二人が出会い、その後の人生を共に暮らす約束をする際、こうした日本伝統の技術が利用された木目金のリングもオススメです。

なずなや桜などをイメージした婚約指輪は和服にも普段使いにも利用できる素敵な婚約指輪です。

最近は海外の方にも、和風デザインが人気のようです。

Comments are closed.